【アシスタントの心構え】


どのような業種においても、見習い、出始め、アシスタント、補助、サポーターと言われる時期があります。

今の時代は違うからと殆どの人が努力と言われる美学を軽視し、実行しなくなったように感じているのは私だけでしょうか?

アシスタント、見習い、出だしの頃にしか、身につける事の出来ない、最強の【技術と考え方】がある事をご存知でしょうか?

技術とは…立場が上がるに連れ、部下が出来、家族が出来る、そうなれば自身の勉強や実行に費やす時間があまりにも無くなる事を知っている、考えているのでしょうか??今磨かねばいつ磨く?そして今実行せねばいつ実行する??誰かが背中やお尻を押してくれるのを待っている人があまりにも多いと感じるのは私だけでしょうか??人から頂けるチャンスは勿論ある。しかし、自ら掴みたいと本気で取り組み、周りを熱くさせる実行力、情熱こそがこの頃に一番大切だと思います。

アシスタント、見習い、駆け出しの頃だから磨ける自分があります。

気配り、目配り、心配りの『プロフェッショナル』になれるのはこの頃に培われたヘルプの精神なのです。この3つが先々、全てに生きてきます。

時間は限られている。その価値観、危機感、責任感、使命感をもって、大切な人生を前進してもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です